スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ブグフク…柿酢、ただいま発酵中
2013 / 10 / 27 ( Sun )
1824.jpg
ビンに入れて、たたった2日間で汁でいっぱいに。

まず汁が出て、つづいて泡が出て

先日、23日にビン仕込んだ柿酢。

熟れ熟れの柿を使ったためか
その2日後には、ビンが汁で満杯。

同時に、小さな泡がブクブク…と
少しずつ湧いてくるようになって
今では、絶え間なく気泡が発生中。

木から柿をもいで、ヘタを取って
ものによっては半分に切って
そのままビンに入れただけなのに
柿が自ら勝手に発酵している。

これで、おいしい酵母や柿酢が
できてしまうのだから
自然の力ってすごいと実感。

ありがたいなぁ。



スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

14 : 18 : 23 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
干すと甘~くなる、渋柿
2013 / 10 / 25 ( Fri )
1823.jpg
母屋と納屋の間にある井戸の屋根の下で陰干し中。

食べきれない柿の使い道②
渋が甘くなるのはなぜ?

たっくさんいただいてきた渋柿(西条柿)。
柿酢の次は、干し柿をつくることに。

このあたりは、本来なら、霜が降り始める
11月半ばにころに干すのだそうだけれど、
最近は、秋の陽気がよすぎて、柿が早く熟してしまって、
11月を待つと、熟れすぎてグチョグチョになって
干せなくなってしまうのだそう。

そこで、時期的には少し早いのだけれど
いただいた渋柿で干し柿づくりを。

1822.jpg
柿の枝を少し残して切って、そこに紐を結んで吊るす。

奈良では、サルの被害があったので
仕方なく家の中で干したけれど
ここは、安心して外で干せるのがうれしい。

井戸の屋根を支えている柱に横木を1本わたして
皮をむいて紐で結んだものから
順番にどんどん吊るしていく。

まだ気温的に暖かいので
おいしくできるかどうかわからないけど
冬の楽しみが一つできました。



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

16 : 00 : 01 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
柿酢づくり
2013 / 10 / 23 ( Wed )
1820.jpg
いただいた渋柿と家の甘柿をブレンドして密閉。

食べきれない柿の使い道①
ビンづめにして柿酢に挑戦

家の柿は富有柿をはじめとして甘柿ばかり。

「柿酢には渋柿の熟したのが一番」
と聞いて、お隣の方にいただきに。

天候がよくて、暖かい日が続いたため
まだ10月の終わりだというのに
渋柿(西条柿)は、熟れ熟れ。

手でもぎ取ろうとすると、グチャッとつぶれて
中の果肉と汁がダラっとこぼれるほど。

1819.jpg
長男とダンナさんがお隣から、西条柿を袋いっぱいたくさんいただいてきた。

きれいに洗った瓶を用意して
ヘタをとって、半分に切った熟々の柿を
ポンポンと瓶につめていく。

つめていく作業中から、
熟した柿から汁が流れ出てきて
瓶の底にどんどん果汁がたまっていく。

「3年くらい寝かせるとすごくおいしくなるよ」
ということなので、気長に過程を楽しもっと。



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

20 : 24 : 57 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
自家製たくわん、今年もうまく漬けた~
2013 / 01 / 24 ( Thu )
1561.jpg
色付けを何にもしてないので、淡い色合い。黄色くない。

冬の手づくり寒仕込み食材⑥
ごはんが何杯でもいけちゃう、わが家のたくあん

冬のわが家の
ごはんのお供と言えば
た・く・わ・ん。

いま中二の長女がお腹にいたころ
だんなさんの実家から自家製の
手づくりたくわんをたくさんいただいた。

それが本当に美味しくて、
妊娠中は、毎日、毎日、
ごはんのおかずは、たくわんばかり。

で、長女を産んでからしばらくたって、
私も手づくりたくわんに挑戦。

東京に住んでいる頃から
冬になると自家製たくわんを漬けていた。

1562.jpg
無農薬の米糠と天然塩、鷹の爪、ゆずの皮だけで漬けた無添加たくわん。

東京では、干し大根を買って仕込んでたけど
奈良に来てからは、近所の産直の大根を買って
軒下に吊るして、干し大根も自家製に。

今年は、細い大根を32本、昨年末に仕込んだ。

年が明けて、松飾りも外したころ
たくわんの重石を外すと…。

今年も美味しいたくわんが漬けました。



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

23 : 52 : 30 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
初挑戦、白菜の漬物
2013 / 01 / 21 ( Mon )
1559.jpg
白菜と鷹の爪、ゆずの皮の千切りを一緒に樽に。

冬の手づくり寒仕込み食材⑤
冬の食卓に欠かせない、白菜漬け

そういえば、わが家では、これまで
いつもいただきものばかりで
白菜の漬物ってやったことがなかった。

今年、お隣の方にいただいた漬物が
とってもおいしかったので
私もつくってみようと初挑戦。

おっきな白菜を4つに切って
1日天日干ししたあと
塩と鷹の爪とゆずの皮と漬け込む。

美味しくなるといいな。


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

20 : 55 : 40 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
お日様の力で甘~くなった切干大根
2013 / 01 / 20 ( Sun )
1557.jpg
約2週間ほど天日干しした大根。小さくなっちゃった。

冬の手づくり寒仕込み食材④
醤油だけなのに、深い味わい
切干大根の煮物


やや大きめにスライスした大根を
ざるに乗せ、お日様の下で約2週間。

光と風の力で、みるみる乾燥。
どんどん縮んで、細く小さくなった。

途中で雪に降られて
少し湿ったりもしたけど
無事に切干大根が完成しました。

1558.jpg
切干大根を厚揚げ、にんじんと煮込み、醤油を。出汁がなくても美味しい。

切干大根といえば、煮物。

厚揚げと人参と一緒に煮込んで
醤油だけで味付け。

「あま~い!!」
「これ、本当に醤油だけ?」

甘みのある、豊かで、深みのある味に
子どももパパもびっくり。

太陽の力の偉大さに感謝!!


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

16 : 39 : 40 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
甘柿でつくる自家製天然酵母
2013 / 01 / 19 ( Sat )
1556.jpg
冷蔵庫に入れて1か月半くらいの柿酵母の種。

冬の手づくり寒仕込み食材③
甘柿を切って、ビンに入れて
冷蔵庫で保管するだけで天然酵母に?


渋柿は、干し柿にしたけど
甘柿は美味しくいただいた残りを
自家製天然酵母の種に。

つくりかたは、とっても簡単。

いただいた無農薬の甘柿を洗って
適度な大きさに切って、
ビンに入れて、冷蔵庫で保管するだけ。

で、しばらくすると発酵が始まり
柿の天然酵母が自然にできるのだとか。
うちのお姉ちゃんに聞いたんだけどね。

今育てている小麦を収穫したら
この天然酵母を使って、
自家製パンをつくりたいなぁ。

そうなったら、ほんと最高だな。


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

11 : 21 : 34 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
寒仕込み自家製味噌
2013 / 01 / 17 ( Thu )
1536.jpg
ビニール袋に煮大豆を入れて、エイッとつぶす長男。

冬の手づくり寒仕込み食材①
家族みんなで自家製味噌づくり

寒い冬は、保存食を仕込む季節。

たくわんや味噌、白菜の漬物、
切干大根、干し柿…など。

先日、家族みんなで味噌を仕込みました。

私が前の日から大豆をコトコト煮て
パパと二人の子どもが豆つぶし係。

1537.jpg
つぶし終えた大豆を樽に。豆のいい香りが漂う。

つぶし終えた大豆に、塩きりした麹を
大豆の煮汁とともに混ぜて
耳たぶの硬さの団子に丸めて
ビッシッと樽の中へ次々投げ込む。

大豆の中に空気が入らないように
味噌の種を密着させるため。

今回は一升漬けたので
あともう一升仕込む予定です。


テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

00 : 29 : 57 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | page top↑
味噌玉でストライク
2009 / 03 / 09 ( Mon )
自家製手作り味噌
塩きり麹とつぶした大豆をまんべんなく混ぜ合わせる。

自家製味噌づくり2009、その④
甘い大豆の香りにつつまれて
自家製味噌づくりもおしまい。


塩きりした麹つぶした大豆
大きな鍋に入れ、混ぜ合わせ
テニスボール大くらいの大きさに
中の空気を抜くようのして丸める。

で、丸めた味噌玉を勢いよく
カメに中に投げつけるようにして
一個ずつ叩きつける。

これは余分な空気が瓶に残って
味噌が異常発酵しないようにするため。

この作業が一番楽しのだけれど
こどもと一緒にやるときは
味噌玉が飛び散らないように注意。

部屋中が大豆だらけになってしまうので…。

自家製手作り味噌
ぱんぱんと叩くようにして空気を抜く。

最後に、味噌を平らにならして
塩のふたをみその上にすれば終了。

あとは、定期的に天地返しをして
やさしく味噌をケアします。

(ノリ)



テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

21 : 26 : 32 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
玄米麹を塩きり
2009 / 03 / 08 ( Sun )
手作り味噌づくり
麹を器に入れ、天然塩と手の平でもむように混ぜ合わせる。

自家製味噌づくり2009、その②
つぶした大豆と合わせるための
麹と塩の種を作っておく


大豆をおいしく発酵させてくれるのが
仕込むときの発酵の素の麹。

つぶした大豆と合わせるための
麹を塩もみしたものを作ります。

塩の分量によって発酵の仕方や味、
味噌の保ち具合が変わってくるので
いつもアバウトな私も(笑)これだけは
きちんと量りにかけて、しっかり行う。

手作り味噌づくり
今年は、えころじあ店長にすすめられて、海の精を使用。

わが家の割合は
大豆:塩:麹=1:1:0.35くらい。

これがちょうど、いい塩梅みたい。

でも、たったこれだけの材料で
あんなにおいしい味噌ができるのだから
発酵の力って、ほんとすごい。

手作り味噌づくり
はじめての玄米麹。1年後どんな味に仕上がるか楽しみ。

(ノリ)




テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ

11 : 14 : 14 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族で楽しみながら味噌づくり
2009 / 03 / 07 ( Sat )
自家製味噌づくり
袋に入れた煮た大豆をビンで潰していく。

自家製味噌づくり2009、その②
いろいろ試したけれど一番楽な
大豆をつぶす方法がこれ


味噌づくりで一番大変な作業が
煮た大豆をすりつぶしていくこと。

以前はすりこぎを使ったけれど
すごく時間がかかって、
肉体的にもとっても疲れてしまう。

ハンドミキサーでガーッとつぶすと楽だけれど
なんだか、仕上がりの味噌の味が
イマイチのような気がする。

で、わが家が今やっている方法がこれ。

ビニール袋に荒熱をとった大豆を入れ
上から、空き瓶を使って押しつぶす
ひたらす押しつぶす、という方法です。

自家製味噌づくり
つぶしあがった大豆を鍋に入れて。これで1kgの半分程度。

これだとこどもも楽しみながらできるし
ものすごく簡単で早いし
つぶし残しがあんまりでない。

家族で一緒に行えば、あっという間。

味のほうも大丈夫。

ぜひ、今度ためしてみてくださいね。

(ノリ)



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

16 : 39 : 27 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年も自家製味噌づくり
2009 / 03 / 06 ( Fri )
手前味噌づくり
まずは、無農薬の大豆を土鍋で煮て、味噌づくりの開始。

自家製味噌づくり2009、その①
やっぱり手前味噌が一番おいしい
だから、毎年、自家製味噌づくり


おいしくて、健康で、そして楽しい。

これがわが家が手作りで
味噌や梅干やたくわん、
そして酵素ドリンクをつくる理由。

一度、
自分で手作りのすばらしさを知ってしまったら
もう後には絶対にもどれません。

今年も、味噌づくの季節がやって来た。

今回は、すぐご近所の自然食品店
「えころじあ」さんから材料を仕入れて
無農薬大豆と玄米麹で味噌づくり。

どんな味噌に仕上がるか
楽しみです。

(ノリ)



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

23 : 18 : 40 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めてのたくわん
2008 / 12 / 21 ( Sun )
ナチュラルスタイルな暮らし・初めてのたくわく作り
手作り酵素を漬け込んだ樽を利用して、たくわんを漬けました。

はじめての沢庵作りにチャレンジ
おいしくできるといいなあ。


わが家の長男トックンも長女も
たくわんが大好物。

食卓にあると、他のおかずを食べずに
たくわんばかり、次々に口に運ぶ。

だから新しいたくわんを買っても
あっという間になくなってしまう。

じゃあ、そんなに二人がたくわん好きなら
一回自宅でつけてみようかと思い
今年の冬、初めて沢庵つぐりにチャレンジ。

手作り酵素の樽がちょうど空いていたので
それをそのまま利用しようとしたら
「たくわんの匂いや菌が樽に残って
来年の手作り酵素がまずくなるから
そのまま使うのはやめたほうがいい」
と、だんなさんからいわれてしまった。

仕方ないから、樽の中にポリ袋を入れて
その中で漬け込むことにしました。

現在、漬け込んで三週間。

重石も最初20kgだったものを
水が出たあと今では5kgに減らして
あと少しで漬けあがるころだと思う。

たぶん、お正月には
おいしいたくわんで新年を祝っているはず(笑)。

(ノリ)


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

11 : 52 : 45 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アカジソと一緒に梅酢に漬けもどし
2008 / 07 / 17 ( Thu )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
土用干しが終わって、梅をアカジソとともに梅酢に戻す。

自家製梅干しづくり第二弾④
太陽の下、土用干しが終わった
梅干をアカジソに漬けなおす。


ここのところ、雨が降る降るといいながら
晴天が続いたため、梅干の天日干しも
無事にうまくいきました。

さて、ちょうどそんなとき、
生活クラブからアカジソが到着。

いよいよ、アカジソと一緒に
干した梅干を梅酢に漬け込みます。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
ボールに山盛りいっぱいのアカジソ。

まずは、アカジソを天然塩で
塩もみして下準備。

洗ったアカジソをボールの中で
天日塩を少しずつ加えながら塩もみ。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
塩もみの終わったアカジソ。てんこ盛りだったのが、こんなに小さく。

塩もみしたアカジソに梅酢かけて
固まったシソの葉を一枚ずつ広げながら
梅干とアカジソを一段ずつ層にしながら
土鍋に何層にも梅とシソを交互に
漬け込んでいく。

そして、最後に梅酢を全部入れ
シソと梅干がヒタヒタに漬かるくらいに
梅の隙間を埋めるようにならして
梅の漬け戻しの完了。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
土鍋の中に交互に漬け込まれたアカジソと梅干し。

さて、これから約二か月。
梅酢の中にしっかり漬け込まれて
おいしくなって、梅干しが完成。

さて、秋が楽しみ。

(ノリ)


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

19 : 19 : 51 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅雨の晴れ間に天日干し
2008 / 07 / 12 ( Sat )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干
梅酢から取り出して、家のベランダに、ざるに乗せて天日干しを。

自家製梅干しづくり第二弾③
梅干しを天日干しして丸一日
梅干しらしい色合いとシワに…。


ここのところ、曇っていても
日中の気温はどんどん上昇して
30を超えることが多くなってきて
湿度もかなり高くなってきた感じ。

そろそろ梅雨明けも近いのかしら。

昨日からきょう、梅雨の晴れ間は
絶好の梅干の天日干し日和。

洗濯物や布団を干す隙間を使って
ベランダに自家製梅干を天日干し中。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干
天日干しして丸一日。上の写真と色も乾き具合も違う。

先日の小梅の梅干しはちょっと干しすぎてしまって
カラカラになってしまったので今回は要注意。

昨日から今日は、だいぶ天気がよかったので
梅干しも太陽の光をたくさん浴びていい色に。

次は、赤ジソの葉と一緒に
ふたたび梅酢に漬け戻します。

(ノリ)


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

23 : 01 : 05 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅干し、漬けてちょうど二週間
2008 / 07 / 11 ( Fri )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
写真だと分かりづらいかも。でも梅酢がいっぱい。

自家製梅干しづくり第二弾②
青梅をつけて、きょうで二週間。
梅酢がいっぱい上がってきた。


梅雨もそろそろ終盤戦。

ということは、漬け込んだ梅干しも
そろそろ梅酢が上がって取り出す時期。

わが家の自家製梅干しも漬け込んで
ちょうど二週間がたって、いい塩梅。
うまい具合に梅酢があがってる。

2キロの梅がちょうどヒタヒタになるくらい
たくさん梅酢が搾り出されました。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
梅酢のアップ。透き通ったきれいな梅酢に梅が漬かって…。

で、土鍋から梅を取り出してざるに乗せ
しばらく天日干しにしたあと、
今度は赤ジソと梅酢と一緒に
ふたたび梅干を漬け込みします。

(ノリ)


テーマ:健康生活! - ジャンル:ライフ

19 : 23 : 11 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自家製梅干づくり第二弾
2008 / 06 / 30 ( Mon )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
小梅の梅干づくりが終わり、梅雨も終わり近くなって、青梅の梅干づくり。

自家製梅干づくり第二弾①
甘い香りの大きな青梅を
今年は2kg漬け込みました。


先日、小梅の自家製梅干づくりが終わって
いま毎日のお弁当につめて、もって行って
お店で食べているところ。

ちょっと前に生活クラブから届いた梅干用の青梅が
黄色く熟したのを見計らって、梅干づくり第二弾をスタート。

青梅が熟していくのを待っていると
毎日少しずつ、梅が黄色く色づくにつれ
甘くフルーティな香りが周囲に漂って
部屋中においしいニオイが充満。

手にとって、思わず食べたくなってしまうけれど
青梅の成分はからだに危険ということなのので
すんでのところで制御(笑)。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
ざるの上で、熟して色づくのを待っているところ。

そして、梅が熟して黄色くなったら
梅と漬け込む器(わが家では土鍋を使用)を
沖縄で買ってきたアルコール度の高い
泡盛で洗って消毒してから塩漬けに。

わが家の塩梅(あんばい)は、梅の重量の15%。

一般的には10%が基本らしいけれど
日保ちをよくするためにちょっと塩分高めの15%。

2キロの梅の場合、約300gの自然塩を入れる。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
今回は重石の代用品に、味噌樽を使用。

塩漬けしたあとラップで土鍋を覆って
さて、重石をどうしようかなと探していたら…。

ちょうどいい代用品を発見。
漬け込んだ味噌樽を上に乗せました。

さて、何週間かすると梅酢が上がってくるので
そうしたら、梅の天日干しです。

(ノリ)


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

19 : 22 : 02 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
わが家の万能調味料の梅酢
2008 / 06 / 17 ( Tue )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり


自家製梅干づくり③
梅干を漬けるときに出てきた
梅酢は最高の調味料に。


自家製の梅干づくりで嬉しいことの一つが
フレッシュな「梅酢」がとれること。

梅のエキスがギューッとつまった
ジューシーで甘酸っぱい梅酢は
わが家の万能調味料に。

大根を薄くスライスしたものにかければ
即席の簡単つけものに早変わり。

でも、本当においしいんです。
旨味たっぷりだから当然ですが…。

そのほか、メープルシロップで
ちょっと甘みを加えれば
おいしい梅ジュースにもなって
子どもたちがおおよろこび。

だから、あっという間に終わってしまいます。

また来年のお楽しみ(笑)。

(ノリ)


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

23 : 10 : 37 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小梅を塩に漬けて約10日間
2008 / 06 / 12 ( Thu )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
塩漬けした小梅を天日干し。緑の小梅が梅干のいい色に変わっている。

自家製梅干づくり②
小梅を土鍋に塩で漬けて
梅酢があがってきたら天日干し


きれいに磨いた小梅は
小梅の重さの10%の自然塩をと一緒に
土鍋に漬け込んで重石を乗せて約10日間。

この10%という塩の分量は一般的な数値で
わが家では、もう少し多めで15%くらい。
小梅の場合、梅酢が出てから天日干ししたあと
さらに赤ジソと一緒に二度漬けしないので
その塩分考えて多めにしているのです。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
土鍋に漬け込んでいるところ。手近にあった缶詰を重石に。

漬け込んで重石を乗せて10日間くらいたって
梅から水分が出てきたら=梅酢があがってきたら
小梅を取り出してざるで天日干しに。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり
梅雨の晴れ間を見計らって、ベランダで天日干し。

梅酢と分けて、ざるに取り出した小梅は
2~3日間、太陽の下で天日干し。

簡単に、おいしい自家製梅干のでき上がり。

(ノリ)


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

14 : 30 : 19 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小梅で自家製梅干づくり
2008 / 06 / 11 ( Wed )
ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり1
袋からざるにあけた、まだ青い状態の小梅。これを塩につると変身。

自家製梅干づくり①
今年も梅干づくりの季節。
まずは小梅からはじめます。


梅雨の時期は、自家製の梅干づくり。

最初はふつうサイズの梅を赤ジソと一緒に
漬けていた梅干だけだっんだけれど
去年から、小梅の梅干もつくり始めました。

お弁当やおにぎりなどに使うとき
大きすぎず、小さすぎないサイズなので
丸一個をそのまま入れられて、とっても便利。

大きい梅干しは、小さく切ったりして
ひと手間かかって大変だけれど
小梅は一回一個使い切りなので
とってもラクちんなのです。

ナチュラルスタイルな暮らし・自家製梅干づくり1
近くで見ると、うぶ毛が生えているような感じで、とってもカワイイ。

今年も梅は生活クラブで入手。

塩に漬け込む前に、梅のまわりの汚れを
雑菌などによって梅がカビないために
一つひとつきれいなふきんでふき取って
きれいにしてから漬け込みます。

次回は、漬け込み作業をアップします。

(ノリ)


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

11 : 44 : 41 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手前味噌づくりパート2
2008 / 02 / 14 ( Thu )
自家製の手前味噌づくり②
さあ、おいしくな~れ!


自家製手作り味噌づくり
塩きりした生麹と大豆のすりつぶしに、大豆の煮汁を
足しながら水分を調整して、素手でていねいにこねる。


昨日の手前味噌づくりの続きをします。
自然塩と生麹を塩きりしたものと、
大豆のすりつぶしをこねて混ぜ合わせます。

ここからが、素手で味噌をこねる一番楽しい作業です。
すると、それまで部屋で本を読んでいた娘が
楽しさをかぎつけて手伝いにやってきました。

「ママ~、私にもやらせて~」

よく手を洗って、娘にも手伝ってもらいました。
まあ、彼女にとっては半分、遊びなんだと思いますが…(笑)。

自家製手作り味噌づくり
味噌玉の大きさは手の平大くらい。両手を使って次々丸めていく。

パンパンパン、と両手で味噌玉を叩くことで
中に入っている空気をしっかり抜いていると
何となく泥団子づくりに似ている気がします。

でも、大きさはもうちょっと大きめに。

自家製手作り味噌づくり
長男に続き、長女も味噌づくりに参加。親子で一緒につくるのってすごく楽しい。

子どもがまだ小さいうちは、手伝いの戦力としては
一人でするより、逆に足手まといになることもありますが
「やりたい」と本人が言ってやりたがっているときは
ぜひ、やらせてあげてください。

きっと、ものをつくる楽しさを体で感じられるようになると思います。

自家製手作り味噌づくり
味噌玉を瓶に投げつけるようにして入れ、味噌の中の空気をしっかり抜く。

自家製手作り味噌づくり
最後に味噌の表面を平らにし、塩をふりラップで覆いをしてカビを防ぐ。

完成は、およそ半年~一年後。

わが家では、新しく味噌仕込をするときに
前年の味噌を蔵出しします。
つまり、一年後に食べるのです。

まず、ご飯に味噌をつけて「味噌ごはん」。
もっとも味噌の味と香りがわかる食べ方です。

ほんと、市販品より何倍もおいしいですよ。

(ノリ)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

01 : 07 : 50 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自家製の手前味噌、仕込みました
2008 / 02 / 13 ( Wed )
無農薬国産大豆をつかった
自家製の手前味噌づくり①


自家製手作り味噌づくり
ゆでた大豆をつぶしていたら、美味しい香りに誘われ
なべをのぞき込んで匂いを嗅ぎつまみ食いする長男。


先日、パルシステムで手に入れた
無農薬国産大豆と生麹の手作り味噌キットをつかって
いよいよ自家製の手前味噌の仕込みをしました。

もうすでに何年も続けている味噌づくりですが
今冬は、去年の秋に一回目の味噌づくりをしたので
今回の仕込が二回目。もう、手馴れたもの…(笑)。

でも、メーカーというか売り出しているところによって
大豆や麹の配分が変わったりするんですね。
パルシステムのつくり方&配合は、
塩と麹が今までの仕込みより、少なめでした。

これまで、大豆と麹と塩の割合は
1:1:0.4でずっとやってきたのですが違いました。

さて、どんな風にできるか楽しみです。

自家製手作り味噌づくり
最初に、ひと晩水に浸した大豆を土鍋でゆでる。この煮汁がまた美味しい。
最後の味噌団子をつくるときにも使うので、絶対に捨てないでくださいね。


わが家では、(味噌づくりに限らず)大豆の煮汁はいつもとっておいて
味噌汁やスープなどのだし汁として使います。
今回は、長女の希望でうどんの汁にしました。

大豆のこくと甘みがあって、美味しいですよ。

自家製手作り味噌づくり
ゆでた大豆をつぶします。すり鉢やミキサー、
ワッシャーなどいろいろな方法を試したけれど
ビニール袋に入れて、ビンでつぶすのが一番。


いろいろやったけれど、これがやっぱり一番。
簡単に、短時間で大豆がすりつぶせます。
ミキサーなど金属のマシンを使ったときは
やっぱりなんだか臭いがしておいしくなかったです。

自家製手作り味噌づくり
つぶしあがった大豆。芳ばしい香りが部屋中に充満します。きれいに
全部がすりつぶれなくて、豆が残っても大丈夫。それが手作りのよさ。


ホクホクのつぶしたての大豆。
味噌を仕込まないで、このまま食べたくなっちゃう。
実際、長男はつまみ食いしましたが…(笑)。

自家製手作り味噌づくり
塩きりといって、大豆と麹を混ぜこねる前に、
生麹と自然塩を混ぜて漬け込みの準備を。


続きは、また明日。
ではでは。

(ノリ)

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

20 : 38 : 40 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自家製コクニャクづくり
2008 / 02 / 07 ( Thu )
今度はコンニャク芋で
こんにゃく作りに初挑戦


自家製コンニャクづくり
コンニャク芋を下ろしたあと、バーミックスでさらに細かくなめらかに。

最近、自家製づいてるわが家ですが
次は手づくりコンニャクに挑戦しました。

こんにゃくをまずタワシでよく洗って茹でます。
そして、皮や芽をキレイに剥いて、取ってから
すり下ろして、さらにバーミックスをかけます。

それを再び鍋に入れて、コトコト煮込んで。
竹べらで練りながら粘りを出していきます。
トロトロに練が出てきたら
水で溶いておいた炭酸ソーダ(凝固剤)を入れ
素早くかき混ぜて、コンニャクを固めます。

そして、固まり始めたら容器に移して
丸いこんにゃくにしたりして、好きな形に整えます。

で、何時間か放置したあと
コンニャクを鍋のお湯で一時間ほど沸騰させて
灰汁や凝固剤を抜いたらできあがり。
けっこう簡単です。

詳しくは、ネットで紹介されていますので
作る際はご自分でチェックしてみてくださいね。
私のはあくまでアバウトな作り方ですから…(笑)。

57.jpg
こんにゃく芋を茹でているところ。ちょっとグロテスクな姿形をしています。

さて、どんなコンニャク料理にしようかな。

(ノリ)

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

23 : 34 : 52 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
切り干し大根を天日干し
2008 / 01 / 28 ( Mon )
お日さまの光を浴びて
大根が甘味と、うま味をまして
切り干し大根のできあがり。


自家製手作り切り干し大根
ベランダで日光浴中の切ったばかりの大根。まだみずみずしいでしょ。

実家のおばあちゃんが今年から始めた自家製切り干し大根。
できあがったものをちょっとだけおすそ分けしてもらったら
すっごく美味しくて、もうびっくり。

つくり方を聞いたら、
「ただ、何日間か天日干しするだけよ」だって。

さっそく、わが家でも切り干し大根づくりをしてみました。

自家製手作り切り干し大根
天日干し三日後。あんなに体積のあったのが、たったこれだけに。


以前に一度アジの開きを天日干ししたけれど
それに比べたら、超お手軽。

ほんと、切って干しただけで、あとは何にもしてません。
一度、干しっぱなしにして雨に降られてしまったれど…(笑)、
でも、それにも関わらず無事、干しあがりました。

さて、何をつくろうかしら。
ふふふ。

(ノリ)

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

21 : 15 : 06 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
味噌づくりキットで、味噌つくるぞ~
2008 / 01 / 25 ( Fri )
手づくり味噌セットを
手に入れました~。


自家製手作り味噌づくりキット
国産無農薬大豆と生米糀、そして作り方説明書のセット。

先日、パルシステムのカタログを見ていたら
国産無農薬大豆と生米糀がセットになった
「みそづくりセット」が載っていてビックリ。

パルシステムは、生活クラブや大地宅配、
らでぃっしゅぼーやなどの宅配に比べると
値段は安いけれど、こだわった商品ってあんまりなかったので
国産(北海道)の無農薬大豆を使ったみそづくりセットを
ラインナップするなんて思ってもみませんでした。

ちょっとずつ、方向性が変化しているのかしら。
そうだとしたら、とっても嬉しいし素敵なことですよね。

国産の無農薬栽培の大豆って
なかなか手に入らないものなので。
がんばれ~。

(ノリ)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

23 : 24 : 09 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一年ものの手前味噌です
2008 / 01 / 13 ( Sun )
去年の大寒に仕込んだ
一年ものの自家製お味噌です
今年は1月21日が大寒。


自家製手作り手前味噌づくり
色艶も大豆の色からずっと濃くなって、とってもおいしそう。

あめ色っていうのでしょうか。色も艶も、一年前と大違い。じゃーん、これが去年の大寒に仕込んだ手前味噌、一年ものです。先日、紹介した自家製のお味噌も、だいだい一年後にはこんな感じに仕上がります。

今年の大寒は1月21日。味噌づくり用の麹は今は旬の時期なので、冷凍ものなら自然食品店、生の麹なら地元の純米酒の酒蔵にいけば手に入ります。無農薬の大豆と自然塩、そして麹で、ぎゅっぎゅっと愛情をこめて仕込めば、市販品とはひと味もふた味も違う、おいしいお味噌に変身。一度始めたらはまりますよ。きっと。

(ノリ)

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

18 : 58 : 07 | 手作り食材/梅干・味噌ほか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。