スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シカ肉の燻製
2016 / 03 / 28 ( Mon )
2623.jpg
鹿の骨付きもも肉。大きな塊のまま燻蒸してみた。

ドラム缶の燻製器が大活躍

「鹿のもも肉を骨付きのままで燻製できるかな」

今回は、ドラム缶をつかって
炭もたくさん入れて火力を上げ、
大きなシカもも肉2本とシシ肉を
2層の網で燻蒸チャレンジ。

かなり肉厚なのでなかなか芯まで火が通らず
10時くらいから夕方すぎまで
ちょっと時間をかけて燻した。

それでも骨付きもも肉だけは
中心の肉がやや生っぽい感じ。

そのままでもいけそうだったけれど
念のため、食べる前に少しだけ火を通して
おいしくいただきました。

ごちそうさまでした。

2624.jpg
2層式のドラム缶燻製器。いっぺんに大量に燻すことができる。




テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

09 : 43 : 37 | 田舎暮らし/自給自足に向けて | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。