FC2ブログ
竹布のやわらかさに包まれて
2008 / 03 / 12 ( Wed )
竹布慈布タオルケット
竹布のタオルケットを使って遊ぶ二人。静電気が起こらないので気もちいい。

軽くて、とってもやわらかい。
気もちよさに敏感な子どもは竹布好き。


わが家では最近、タオル類をすべて
清水の舞台から飛び降りた気もちで(古い!)
竹布の新しいシリーズへ一新しました。

といっても当然、昔のものも一緒に使いつつですが…。

竹布のよさって、ほんと、気もちいいこと。
やわらかくて、ふんわりしていて。

何で、こんなに肌ざわりのいい布ができるのか。
あの竹からつくられているなんて想像できません。
よくシルクのような肌ざわり…と表現するけれど、やっぱり違う。

もっともっと、肌や体が喜ぶ感じなんです。
その気もちよさを伝えるのって本当にむずかしい。

今回、わが家で使い始めたのは
竹布の慈布シリーズという新製品。

ガーゼ生地を三重にあわせて布にしているので
タオルケットのような大きなものになっても
とっても軽い感じなのにびっくりしました。

綿のタオルケットってちょっとでも湿度が高くなると
もちあげるとき、「重っ~」って感じがするけど
慈布タオルケットって、ふわふわな軽さで
身にまとっていて、なんだか、
心まで軽くなってしまうんです。

竹布慈布タオルケット
竹布には遠赤外線効果もあって、軽くてぬくぬく。

洗っても洗っても、何度洗っても
柔軟材ナシでやわらかな肌ざわり


そして、洗っても洗っても、何度洗っても
やわらかな風合いがまったくなくならない。
こんな繊維って、たぶんほかにありません。
それも、柔軟材を使わなくてもですよ。

オーガニックコットンやヘンプ、リネンにしても
何度か洗うと、どうしてもゴワゴワになってしまいます。

わが家は洗濯に柔軟材をいっさい使わないので
とくに冬場は外におしておくとバリバリに。
新品時のふわふわ感は、絶対に味わえません。

でも、竹布は、ずっとふんわり感が変わらないのです。
理由は分からないけれど、
何年も使っている竹布が今でもやわらかいまま。

だから、誰が竹布のバスタオルを使うか。
誰がタオルケットや毛布で寝るか。
わが家では、洗濯したり、干したりするごとに
「今日は私が竹布タオルケット使う番だったでしょ」
と、奪い合いになってしまうのです(笑)。

竹布慈布シリーズ

(ノリ)


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

23 : 08 : 45 | 竹布/なっちゅ体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お友だちの陶器のお店に | ホーム | リアルおままごと?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://natu1.blog51.fc2.com/tb.php/53-67ece3a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |